令和2年度 医療部会研修会WEBセミナー

日時:令和2年12月5日(土) 14:00~15:30
場所:リモート研修
内容:『その薬、時代遅れかも…最新の便秘治療』
講師:名古屋共立病院 栗本拓也先生
参加者:152人


令和2年12月5日(土)、医療部会研修会WEBセミナーが実施されました。本年は新型コロナ(COVID-19)の感染症拡大により、集合型の研修会が困難となったため医療部会として初の試みのオンラインでの研修会となりました。

講師は名古屋共立病院の栗本拓也先生をお招きし、最新の便秘治療についてご講演頂きました。便秘はありふれた症状であり、デリケートな問題のため他人に相談できず安易に市販薬を服薬してしまうことがあるが、その行為は危険であると教えて頂きました。また、一般的に便秘には水分補給が有効と言われているが水分補給だけでは効果がなく、食事・運動・睡眠など足りていないものを総合的に補うことにより改善につながることを教えて頂きました。
 処方薬についてはそれぞれの利点、欠点を教えて頂きました。また、近年新規便秘薬が承認され、「その薬が時代遅れかも」と平成までの処方と令和からの処方についてご講演頂きました。
 便秘治療について理解を深めることができた大変有意義な研修となりました。

次の記事

社会福祉法人紫水会